40代包茎

40代包茎手術体験談最新版

 

 

若い頃から包茎に悩んでいて、手術を受ける事も考えていたりしたのですが、当時の包茎手術はダウンタイムが長く長期休暇を取らないと受けられないようなものだったので、仕事に穴をあけられませんし、忙しいと言う理由で受けられないでいました。

 

包茎手術は諦めましたが、ずっと包茎である事についてコンプレックスを持っていて、目当ての女性とのチャンスを何度無駄にした事か分かりません。

 

理解してくれる女性もいますが、全く理解のない女性もいて、包茎である事をバカにされて酷く傷ついた事も数え切れないほどあります。

 

若い頃から包茎でイヤな思いをしてばかりでしたから、いつかは手術を受けたい!なんて思っていました。

 

40代を過ぎ、勤め先でもそれなりの地位につく事が出来て、ある程度は時間に余裕が出来て、もう昔のように下っ端ではないので長期休暇を取ったとしても誰に文句を言われることもありません。

 

包茎手術に年齢は関係ないと言いますし、包茎手術を受けて第二の人生をスタートして楽しみたい!そう思ったので、包茎手術が得意な専門医のいるクリニックに相談を受けに行ってきました。

 

カウンセリングをしてくれた医師も包茎手術を体験した事があるそうですから、体験者の話が聞けて参考になりました。

 

料金や手術方法など包茎手術の説明が行われ、ダウンタイムの少ない方法で受けられる包茎手術の提案をしてくれました。

 

その方法なら長期休暇を取らなくても手術が受けられる!と思い、その場で包茎手術を受ける事を決めました。

 

包茎手術を受ける為の段取りを取って、包茎手術に挑みました。

 

痛みがほとんどない麻酔が行われ、その後、亀頭を覆う包皮の切除が行われ、期待でドキドキとしている間に包茎手術は完了しました。

 

その後、処置を受けて自宅に帰りましたが処方された痛み止めを飲んでいたので、痛みを感じる事もなく普通に過ごせていました。

 

念のため3日間の休みを取り、なるべく安静に過ごして4日後から仕事復帰をしましたが、問題なく仕事もこなせましたし、まわりの人にもばれていません。

 

4週間後、夜のコミュニケーションを楽しむ機会があったのですが自信がもてたからか、いつもよりも思い切り楽しめました。